汁なし担々麺

金時

中華の真髄を味わう、澄み切った塩ラーメンと汁なし担々麺

「本格高級中華の味がする」。いまや日本の国民食となったラーメンで、こんな感想を持つことは、意外と少ない。

しかし金時の塩らぁ麺のスープをすすると、間違いなく高級中華の上湯スープを連想するし、汁なし担々麺の肉味噌からは、体験したことのないような香辛料の妙味を味わえる。

間違いなく、東京を代表するラーメンだと、ぼくらは確信している。

調べれば、店主の山口さんは、中華料理店でキャリアを積んだ持ち主だという。[1] 道理で、ただの塩ラーメンにはない、澄みながらも鮮やかな旨味のスープができるのだった。[2]

1

地元・千葉で中華を志し、都内名店でも研鑽を積み、銚子で中華料理店を開いた

引用元Hanako, 『やっぱり焼肉!ラーメンも好き。』, 88頁, 2015年, マガジンハウス

2

中華の技法を用い、鶏の挽き肉から4時間かけて旨みを抽出し、干し貝柱のだしも加えている。澄んだ上品な風味が魅力だ。

引用元『ミシュランガイド東京 2017』, 180頁, 2016年, 日本ミシュランタイヤ

塩ラーメン

塩らぁめん

しかし、特におすすめしたいのは、汁なし担々麺のほうだ。千葉・銚子時代から得意としていたというこちらのメニュー。
インパクトもありながら、汁なし麺にありがちなジャンクフード的な味ではなく、複雑な香辛料の味わいはやみつきになる。
できれば友人連れで、ラーメンとシェアして食べてほしい

汁なし担々麺

MAP

PLACE
金時
TEL
03-5926-7566
ACCESS
東京都練馬区小竹町1-2-7
情報更新日: 2018年07月08日

TAGS

BACK to CATEGORIES
THE NEXT STANDARD IS

COMING SOON