六義園

日本が培ってきた情景の結晶

六義園の門をくぐった瞬間、空気が変わった。

東京の大動脈、山手線・駒込駅の喧騒とほど近い場所にありながら、この庭園が持つ静けさ、美しさは現実離れしている。

六義園の入口となる門

六義園の入口となる門

この庭園の美しさにはいくつか理由がある。

造園したのが時の最高権力者、柳沢吉保であり、当時最高の技術・資産が注ぎ込まれていること。

度重なる江戸の大火や、関東大震災、戦火の被害を免れてきたこと。

しかし最も特筆すべきは、そのコンセプトである。

古来の和歌に詠まれた日本の情景を、この庭園全体が表現しているのだ。庭園内の88箇所で、万葉集や古今集などに詠まれた日本の名勝を模している。

それを象徴するのが、園内で随一の景観スポット。藤代峠だ。

藤代峠からの景色

藤代峠から。往時には正面に江戸城、西に富士山がみえたという。

言葉で表わせないし、写真でも伝えきれないが、ここの眺めは本当に美しい。日本庭園とは、小宇宙なのだと思い知らされる。そして、この眺めには柳沢吉保の和歌への想いが凝縮されている。

そもそもが、万葉ゆかりの地、紀州・和歌浦の対岸にある景勝地「藤白坂」を参考に作庭されたこの峠。

上記写真の奥の岸辺は「出汐湊」といい、和歌浦に潮が満ちる様子を再現したものだ。紀州で藤白坂から和歌浦を見下ろせたように、この峠からは出汐湊を見下ろせる空間構築がなされている。

出汐湊からの眺め

紀州・和歌浦を模した出汐湊からの眺め

江戸のまつりごとの中心にあって、古来の和歌のこころや、日本各地の情景に想いを馳せるこの庭園。庭園文化研究家の田中昭三氏は、以下のように表現した。

1

訪れるたびに、これほど手の込んだ、しかも見る者に高度な教養を求める庭園とは、一体何だろうかと思わずにはいられない

引用元田中昭三, 『江戸東京の庭園散歩』, 28頁, 2010年, JTBパブリッシング

安心してほしいが、和歌への造詣が深くなくても、この庭園の美しさはすばらしい。東京にいるなら、必ず訪れるべきだ。

しかしできることなら、景色ひとつひとつに秘められた和歌の心に、想像をめぐらせて楽しんでほしい。

日本が培ってきた情景の結晶が、ここにある。

抹茶と和菓子

園内では抹茶と和菓子を楽しめる休憩所もある

MAP

PLACE
六義園
TEL
03-3941-2222
ACCESS
東京都文京区本駒込6-16-3
URL
https://www.tokyo-park.or.jp/teien/contents/index031.html
情報更新日: 2018年12月05日

TAGS

BACK to CATEGORIES
THE NEXT STANDARD IS

BREAKFAST

IN 2018 DECEMBER