グリーン ビーン トゥ バー チョコレート

ポップな見た目に、おどろく美味しさ!目黒川沿いのカカオ工房

夜、中目黒駅から、暗くなった目黒川沿いを歩いてほしい。10分ほど歩いて、明るく広々としたカフェっぽいお店が現れたらグリーン ビーン トゥ バー チョコレートだ。ここがまさか、カカオ豆からチョコレートをつくる工房だと誰が思うだろうか。

店名にも冠する「ビーントゥバー」は、2010年代以降、チョコレート界を席巻する潮流だ。この数年、多くのチョコレート店が、自分たちでカカオ豆からチョコをつくりあげる、この“ビーントゥバー”スタイルをとりいれてきた。

そしてぼくらは、ここのチョコレートこそが、東京を代表するビーントゥバーだと思っている。

素材や製法への"本質的"なこだわり。かわいく万人にも響く、ポップなコンセプト。

“最先端”でありながら、「分かる人だけ分かればいい」的な傲慢さもない。

ただただ、チョコレートのおいしさを丁寧に楽しく求め、それを魅力的に発信しようとする姿勢が、チョコにもお店にも満ちあふれている。

グリーン ビーン トゥ バー チョコレートの板チョコ (マダガスカル)

マダガスカル 70%: 1,620円

マダガスカル 70%: 1,620円

味も言うことなしだ。ビーントゥバーのチョコレートを食べたことがない友人に、最初に食べさせるならここのチョコレートでまちがいない。

カカオの風味を引き出した、ビーントゥバーならではの味わいは充分。

それでいて尖りすぎず、「チョコレート」としてものすごく美味しい。

そのおいしさの秘訣は手作業の丁寧さと、そこにかける時間にあるようだ。製法の秘訣が2016年の『Hanako』に詳しく記されていた。[1]

1

素材には厳選したカカオ豆ときび砂糖を使用。全ての工程を職人の手作業で行い、約45日かけチョコレートを作り上げてゆく 。

引用元Etsuko Onodera, Hanako, 『ハイカカオBOOK』, 18頁, 2016年, マガジンハウス

一口食べれば、その仕事の丁寧さは伝わるはず。
深いカカオの味わいと、優しい甘みがとろけていく。

店内に入れば、レジの奥に工房が見える。一粒のカカオ豆が、丹精込めたチョコレートに生まれ変わる瞬間・味を、ぜひ味わってほしい。

2017年のホワイトデー限定チョコ

季節限定の商品もあり、いつ訪れても楽しい。(写真は2017年のホワイトデー限定チョコ)

MAP

PLACE
green bean to bar CHOCOLATE
TEL
03 5728 6420
ACCESS
東京都目黒区青葉台 2-16-11
URL
https://greenchocolate.jp
情報更新日: 2018年07月07日

TAGS

BACK to CATEGORIES
THE NEXT STANDARD IS

COMING SOON